• 渋谷の予防歯科で大切な六歳臼歯の虫歯予防

    医療先進国と言われる欧米では、治療ではなく予防のために歯医者さんに通うという予防歯科の考え方が主流です。

    渋谷の予防歯科を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

    日本でも、虫歯予防のために歯科医院に通うという方が増えています。


    渋谷の予防歯科には、子どもの虫歯を予報したいというお母さんからの相談が多く寄せられています。子どもの歯は、生後半年くらいで生えはじめて三歳前後に乳歯がそろうのが一般的です。そしてその後何年かかかって永久歯への生え変わりが進みます。

    こちらのOKWaveをさらに詳しく調べてみませんか。

    生え変わりでは、六歳前後に乳歯列の一番後ろに最初の永久歯が萌出します。
    この歯は六歳臼歯と呼ばれていて、歯並びの要となりまた噛む力も一番大きい永久歯です。



    また六歳臼歯は、大変むし歯になりやすい特徴を持っています。
    それは、乳歯列の奥に生えてくるので気づきにくいこと・長い時間かかって生えるので歯肉がかぶさり汚れが溜まりやすいなどの条件が重なっていることが理由です。

    また六歳臼歯の表面には深い溝があって、歯ブラシが届きにくいのも虫歯になりやすい理由のひとつです。

    渋谷の予防歯科では、乳歯期から定期検診を勧めていて六歳臼歯の虫歯予防に取り組んでいます。


    六歳臼歯の虫歯予防では、生え始めからの歯磨き指導を基本にフッ素塗布やシーラントの処置をしています。
    フッ素は生えたばかりの歯によく作用し、歯の表面を酸に対して抵抗性の強い構造に作り変えるので虫歯予防に効果的です。

    また渋谷の予防歯科で六歳臼歯に勧めるシーラントの処置は、歯の表面の深い溝をあらかじめ樹脂で埋めてプラークが溜まりにくくする処置です。

    低年齢のうちから渋谷の予防歯科で定期検診を受けていれば、ベストなタイミングで六歳臼歯の予防処置が受けられます。